親が読む本「不登校は1日3分の働きかけで99%解決する 」

親が読む本「不登校は1日3分の働きかけで99%解決する 」

 

子供が不登校になると、親は

「どうやったら、荒れた子供が落ち着くのか?」

「どうやったら、外に出てもらえるようになるのか?」

「学校や習い事に再び行ってもらえるようになるのか?」

など、子供が再登校することが正しいかどうかは置いておいて、このような色々な感情が溢れてきます。

 

不登校親のバイブル本?

 

世の中に不登校に関する様々な書籍はありますが、こちらは有名な本のようです。

不登校の原因は様々であるが、その根っことなる原因は、「子供の自己肯定感の低下」だと述べております。

子供の自己肯定感が回復をしてくれば、子供の望むような社会生活に再びチャレンジするようになる、と言うことが概要です。

 

 

このストーリーに共感される方、共感されない方、いらっしゃると思います。

僕自身がこの本をオススメした理由は、至ってシンプルです。

それは、児童精神、心理カウンセラー、不登校の支援サービス、様々な方と相談したり、お話をした結果です。

これらの全ての方が、不登校児の家庭でどのように過ごしていくのかに関して説明されるとき、全てこの理論でした。

 

無料の相談所でも、高額の支援サービスでも、提案される内容のコアは全てこれ、自己肯定感を上げていくことです。

 

子供の自己肯定感を高めるために

自己肯定感を高めるためには、

  • 子供を褒めること
  • 1日3回以上褒めること
  • 子供に対する愛情表現をすること

です。

 

至ってシンプルな理論ですが、継続することはめちゃくちゃ難しいです。

子供が不登校になるには、おそらく親子間のコミュニケーションに改善が必要な部分が少なからずあるかと思います。

自分のメンタルをコントロールしながら、日々の生活の中で、子供の良い部分を観察して、

適切なタイミングで、正しい褒め方をする。

これを毎日何回もやる。

それを毎日継続する。

そんな理論です。

 

 

ただ一つ言えることは、これを実践すると家庭は穏やかになります。

さらに、親自身がかなり成長をすることができます。

 

子供が不登校になったばかりで、どうしたら良いかわからないとき、

まずこの本を読むところからスタートをする、と言うことは、遠回りにはならないと思います。

 

不登校は1日3分の働きかけで99%解決する

 

コメントなど

 

 

 

 

 

 

 

このように、この本に関してつぶやかれている人も多いです。

不登校は1日3分の働きかけで99%解決する

 

無料の不登校支援でも、高額の不登校支援でも、親がやるべきことを至ってシンプルで、ただただ子供の自己肯定感を上げることです。

毎日コツコツと実践するだけで、子供の活力が変わってきました。

一回も読んだことがない方は、一度オススメです。

 

 

※Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

最新情報をチェックしよう!

親が読む本の最新記事8件