このブログについて:2023年5月 「不登校は突然に」

2023年5月、「不登校は突然に」

 

2023年5月、小学6年生の長男が突然不登校になりました。

それまで学校を休んだことは、ほとんどありませんでした。

では何故不登校になったのか?

これには様々な要因が複雑に絡み合い、子供の中でたまったストレスが爆発し、心と体のスイッチが切れてしまったんだと思います。

 

わざわざこのブログを書こうと思ったきっかけは、自身が不登校問題の当事者になって初めて分かったことは

「不登校問題は、親のメンタルがまじエグられる」

ってことです。特に、

「母親のメンタルのエグられ方は想像を絶するレベル」

です。

私も限りある時間の中で最大限この子供の不登校問題と妻のメンタルケアに奔走しております。

仕事も外資系メーカーのマネージャーのためプチ激務です。

それに加え、夜間学校に通っているため、あまり休みがないです。

 

しかしながら、仕事や勉強の激務やストレスよりも、

「不登校児を抱えるストレスは10倍上えぐい」

ってことが、今回初めて身を持って体験して分かりました。

 

このハンパじゃないストレスを誰が抱えているのか?

といえばワンオペで母親一人で抱えている家庭が多い印象です。

 

しかしながら不思議なことに不登校支援を学べば学ぶほど

「親が心の穏やかさを保持しながら子供と接することが、不登校問題の第一歩」

だと分かります。

 

ただ現実問題、旦那が不登校に関して理解しなかったら、母親ワンオペ育児で、メンタル正常に保つの無理じゃね?

ってことに段々と気づいてきました。

 

うちも奥さんがメンタルぶっ壊れて倒れたら、自分も子供もジ・エンドです。

だから、自分がこうして不登校について学びながら、もがいていくところを曝け出していくことで

1人でも多くの父親が、「おっしゃ俺も頑張るか」と思ってくれて、

1人でも多くの母親が、「ワンオペ不登校育児」かた脱却して、

1人でも多くの不登校児が、自分らしい未来に向かって(癇癪を起こさず)前進してくれたらと思ってます。

 

ちょっとずつ空いた時間に、自分の経験したこと、失敗したこと、探したサービス、など記載して、

たくさんの情報交換をして

たくさんの人の心が少しでも穏やかになれたらと思います。